2021年より自立就農を目指す方の研修受け入れを開始しました。

実際に当社のメンバーに混じって1年?2年程度、農作業を経験する事で作物栽培の一連の流れを身につける事ができます。リアルな農家の仕事に触れることで、自分が農家になった際にどのように仕事を進めるかのイメージも湧きやすくなります。

慣れない事ばかりで、決して簡単なものではありませんが、自分で農業経営をしてみたい、農家になりたいという方はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

研修受け入れ要項

  • (条件)
    自ら経営を開始し就農する予定で研修を希望される方で、農林水産省の「青年等就農計画制度」に準じて、認定新規就農者を目指す方。(※1)
  • (研修内容)
    当社で言う研修とは、作業の体験を通じたOJTであり、日常の業務に一人のメンバーとして加わっていただくことが主な研修内容です。(※2)
  • (土地や機械取得について)
    自立就農に必要な土地や農業機械、金銭的な融資に関する手続きなどは研修を受ける方が自らの責任でおこなっていただく必要があります。ただし、青年等就農計画制度の認定を受けた場合にはJAや自治体による融資や助成金制度などの幅広い充実したサポートを受ける事が出来ます。(※3)
  • (受け入れ窓口)
    当社では、阿蘇市およびJA阿蘇の紹介によってのみ研修の受け入れをおこなっています。阿蘇市またはJA阿蘇の窓口にご相談ください。(※4)


連絡先 : JA阿蘇 営農部 TEL0967-22-6115

注意点および免責事項

  • (※1)青年等就農計画制度に準じて、認定新規就農者を目指す方に限ります。それ以外の方の研修受け入れは出来ませんのでご了承ください。
  • (※2)日常の業務に一人のメンバーとして加わっていただくことが主な研修内容であり、農業学校のような研修に特化した体系的な学習プログラムを提供するものでは有りません。
  • (※3)当社から簡単な助言などをすることは有りますが、土地や機械取得のための完全なサポートは致しかねます。
  • (※4)お問い合わせは直接阿蘇市またはJA阿蘇の窓口にご相談ください。当社にご連絡頂いても対応致しかねます。
  • 当社メンバーはあくまで、作物栽培が主な業務であり、研修のための教育指導員ではありません。作業の指導などに際してわかりづらい、説明が不完全などの場合もありますが、この点は事前によく理解して研修にご参加ください。説明のわかりやすさなどの点についてのクレームは一切受け付けません。
  • 当社で研修をすることによって、必ず自立就農が出来る事を保証するものでは有りません。自立就農や認定新規就農者になるための努力主体はあくまで研修を受ける方本人です。当社はあくまでOJT環境を提供するのみであり、自立就農達成に関して一切の責任を負いません。

これまでの研修生

緑 智博さん

研修期間:2021年9月?2022年3月
就農品目:夏秋トマト
プロフィール:阿蘇市出身、非農家、前職は内装系
一言コメント