熊本県 阿蘇市で、夏秋トマト、冬春イチゴを栽培しています。
この土地で代々農家をしています。2018年に法人化して、メンバーも増えました。30代の社長と20~40代の若いメンバー約10名で頑張っています。

会社名 山本耕農株式会社
代表者 代表取締役 山本倫大
所在地 熊本県阿蘇市小野田948
事業内容 トマト、イチゴ等各種農産物の生産
#
#
#
#
#

ミッション

当社では生産した野菜を100%JAに出荷しています。JAに出荷された野菜は全国のスーパーに並び、多くの人の日常の食事として消費されてゆきます。人の命を支えているのは、こうした日々の食卓に並ぶ食べ物です。スーパーで買えるありふれた食材ですが、日常生活に欠く事ができないという意味では社会を支える基盤、すなわちインフラであると言えます。

私たちの仕事は、JAからスーパーに流通していく野菜を生産することです。これは、社会に無くてはならない重要なインフラの一部を担っていることにほかなりません。農業がもつ最も重要な社会的責任はまさにここにあります。

人の命を支える食べ物を、途絶える事無く安定して生産していくことが当社の使命です。

社訓

整理整頓
向学心をもつ
明るく楽しく

歴史

1970年代以前 先祖代々稲作を中心とした農業を営む
1970年代 トマト栽培に着手
1980年代 イチゴ栽培に着手
1990年代 野草を利用した土づくりに着手
2000年代 外国人技能実習生人材の導入
2013年 現代表 山本倫大就農
2014年 イチゴジャムの製造開始(2018年に生産終了)
2015年 作業管理システムを自社開発
2016年 熊本地震 ハウス被災
2018年 先代より施設野菜事業を継承
正社員制度開始、労務管理のIT化
農地新規取得
2018年11月 法人化「山本耕農株式会社」設立
2019年 新規ハウス建設(トマト、イチゴ)、栽培面積拡大
2020年 熊本県農業コンクール 新人王部門優秀賞・特別賞受賞

アクセス